ブログにも載せてますがコッチにもあらためて貼っておきます。

日本の小さな町工場の研究室の片隅から生み出した小さなプラスチックルアー「ビスコ」。少し伝えておきたい事がありますので書いておきます。

まず、すべてのボディの左側にプチッと白いキズみたいなものがあります。これはプラスチックの流し込み口のあとです。普通はもっと目立たないとこから流し込むのですがボディ形状の都合でここから流し込んだために跡となって残っています。ご了承ください。

つぎに、くち?の横の部分に凹みがあります。これは熱したプラスチックを流し込んだ後、さまして固めるのですがその時におこるヒケでしてここはどうしても回避できませんでした。ご了承ください。

あと、塗装はウレタンで行っているのですが、障害物などにあてると剥がれる場合があります。ご了承ください。ちなみに僕はこのヤレ方というかボロくなり方が気に入っています。

最後にビスコはABS製のルアーになっております。一般のプラスチックルアーでもそうかもしれませんが、激しく岩盤や障害物に当てると破損するおそれがありますのでご注意ください。
※僕は普通に使っていますが今のところ破損したことはありません。
以上がお伝えしたかったことです。色々ありますがご理解のほどよろしくお願いいたします。